スクールトップ 体験コース ライセンス取得 体験談 スクールQA 料金表 お申し込み アクセス&ショップ リンク お問い合わせ


Q1.
ハンググライダーってどんなもの?ぶら下がっている時、力はいらないんですか?
A1.
ハンググライダーとは、三角形の科学繊維の布にアルミパイプの骨組みから出来ており、風の力を利用したスカイスポーツです。写真から分かるように三角形のパイプの中でぶら下がり、体を左右に動かすことによりグライダーを操縦します。
空中では「ハーネス」と言う寝袋みたいなものの中に入ってハンググライダーにぶら下がっているので、空中では手を離しても大丈夫ですよ。
Q2.
才能って必要ですか?
A2.
要りません。運動神経や体力よりもやる気さえあれば誰だって飛ぶことが出来ます。身長150cmの女の子は何人もいるし、体重95kgもある大柄な男性もスクールに在籍して今ではソロフライトを楽しんでいます。
Q3.
危険じゃないの?
A3.
足が地面から離れる以上、絶対に安全とは言い切れないでしょう。
しかしウインドスポーツでは安全面を最大限考慮し、講習中は常にインストラクターが無線機を持って見ています。無理をしないで楽しむ、これはどのスポーツでも言える事でしょう。
操縦の技術の習得はもちろんですが、知識も同時に蓄えていただき、ハンググライダーでより安全に、大空を楽しんでいきましょう。
Q4.
どのくらい高く飛べるの?
どのくらいの時間飛べるの?
どのくらいの距離飛べるの?
A4.
これらの質問の答えはその日の天気によって違います。その日の日照や気温、風向風速、気圧配置などによって大きく左右されます。晴れていれば通常熱上昇気流が生まれて、高度1500mほど上昇し、12km先にある筑波山に行って帰ってくることが出来ます。
もし曇りならば上昇気流がなくなって、高度を上げることが出来ず、1km先にある山の麓の着陸場に5分で降りてしまうこともあります。また飛び始めて1年もしない女子大生が7時間飛んだこともあり、2年目のフライヤーが3000mを超す高さに到達し、雲の上を飛んだこともありました。
さらに我々のホームエリアである板敷山では、よく飛行距離の日本記録が誕生しました。現在の日本記録213kmの次ぐ195km(宮城県まで飛んだんですよ!)がこの板敷エリアから飛んだ記録です。
Q5.
スクールには、関東から通えますか?
A5.
ウインドスポーツのスクール生は、東京、神奈川、埼玉、茨城、栃木、群馬など、いろいろな所からいらっしゃっています。車で来られる方もいれば、電車を利用される方もおります。
最近開通した「つくばエクスプレス」で終点つくば駅まで来ていただければ、 スタッフがピックアップいたします。(要予約)
Q6.
講習体験コースの1日の流れを教えてください。

A6.
つくば駅でピックアップしてからエリアまで約40分。フライトエリアの板敷山に到着です。ショップで受付をしていただいてから、シュミレーション(コントロール模擬装置)で体重移動によるコントロールを体感していただきます。
そのあと講習会場に移動。練習機をを使い、自力で浮遊していただきます。
気象条件にもよりますが、通常ですと5時ぐらいに終了。6時頃にはつくば駅にお送りできると思います。(多少の変更あり)

Q7.
気象条件によっては、体験コースで飛べないこともありますか?
A7.
ございます。ハンググライダーは向かい風に向かって発進しなければ、浮力を得られません。追い風ですと発進できないのです。1DAY体験コースでは東風が、タンデム体験コースですと南風がベストです。前日の気象予報で逆向きの風向が発表された時は、体験コースがキャンセルとなります。ご了承ください。
Q8.
いつから講習(A級コースやマスターコース)を始めればよいのでしょうか?

A8.
いつでも始められます。1例として春から始めて、夏のお休みなどを利用し講習し
秋にはソロフライトの高高度飛行になるというパターンが多いです。ウインドスポーツでは安定した海風で練習できるよう、新潟県の海岸線沿いで講習できます。冬期は降雪により閉鎖。
またお忙しい社会人の方には、茨城県の講習会場で離着陸の基礎トレーニング。茨城県は降雪の心配がないので、通年で講習ができます。

Q9.
飛びたいけれど、いきなり高いところは‥。
A9.
練習の流れはホームページの「スクールの案内」でもわかりますが、最初はハンググライダーを持ってみて、地面を歩くことから始まります。レベルアップしてから徐々に緩い斜面から飛んでいただきます。個人個人にあった指導をしていきますので、大丈夫です。
Q10.
講習機材などはどうするの?
A10.
B級ライセンスまでの講習中の機材使用料は、スクール費に含まれています。
講習中に機材を破損しても、負担の必要は無いので、安心してください。
なお個人機購入後の練習中の破損は自己負担になります。